×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

The Black Magesが奏でるFinal Fantasy Battle

Final FantasyのBattleシーンというとどうしてもゲームそのものに気持ちが入ってしまうため、BGMというのはつい忘れられがちになってしまいますが、Final Fantasy シリーズに登場する「黒魔道士」の名前を冠し、植松伸夫と、なんとFinal Fantasyのご本家スクウェア・エニックスの社員で結成した"The Black Mages"が登場してから、Final FantasyやBattleシーンを知らなくとも曲は知っているという人が、ずいぶんと多くなったような気がします。"The Black Mages"は主にFinal FantasyのBattleシーンの曲やテーマ曲をハードロック風にアレンジして演奏しています。Final FantasyのBattleシーンの曲やテーマ曲がメインなので、どうしてもインストゥルメンタルの楽曲が多いですが、たまにゲストボーカルを迎えての歌詞付きの曲を演奏することもあります。いずれにしても"The Black Mages"が登場したことによって、Final Fantasyが認知度をより高めたと言っても過言ではないでしょう。

植松伸夫の気合が伝わってくる

ゲームの常識を次々と覆し、ユーザーに感動と喜びを与え続けてきたロールプレイングゲーム『Final Fantasyシリーズ』のBattleシーンのみをピックアップ、アレンジしたCDが「ファイナルファンタジーバトルアレンジ」です。1曲目の 「Final Fantasy1」Battle Scene からラストの「Final Fantasy10」Fight With Seymour に至るまで、全曲ハードロックチューンにリアレンジされたCDは、かねてよりのユーザーからの熱い期待以上のできばえで、聞いているだけで目の前に歴代のFinal FantasyのBattleシーンが広がっていくようです。Final Fantasy音楽の父、植松伸夫の気合が伝わってくる全曲ハードロックチューンの「ファイナルファンタジーバトルアレンジ」はFinal Fantasyファンならずとも、普通に音楽が好きという人でも親しめる内容に仕上がっているのではないかと思います。

いま聴いても古いと感じないCD

日本のみならず、今や世界のゲームとも言えるFinal Fantasy。その音楽の父、植松伸夫が紡ぎだす"マテリアルの革新”ともいえる決定盤がFinal FantasyのBattleシーンの楽曲だけを集め、感情を揺るがす旋律にハードなリアレンジを施した「ファイナルファンタジーバトルアレンジ」です。発売してからかなり時間が経過していますが、このCDによって、Final Fantasyが世界的にさらなる人気を博したのは言うまでもありません。そしていま聴いても決して古いとは感じることのない「ファイナルファンタジーバトルアレンジ」は、個人的にコナミバトルシリーズ・サターンのデジピンシリーズと比較しても、ハードなアレンジでありながらも音はより上品で、ギルティギアと比べても、はるかに本格派という感じがしています。Final Fantasyのオリジナルでピンとこなかった人でも、このアレンジを聴けば楽曲の素晴らしさを感じることができるかもしれません。

Copyright © 2007 Final FantasyのBattleシーンが目の前によみがえる